.

アモキシシリンA 梅毒

アモキシシリンA 梅毒

梅毒治療薬のアモキシシリンAを通販通販で購入できます。アモキシシリンAの効能、効果、使用方法等を解説しています。

 

 

※お支払いは銀行振り込みやVISA、JCB、アメックスのカードが使えます。

アモキシシリン(Amoxicillin)250mg

 

 

アモキシシリンA

 

アモキシシリン(Amoxicillin) 250mg

 

梅毒

 

1箱 21錠

 

 

★アモキシシリンはペニシリン系の代表的な抗生物質です。
★梅毒治療のための医薬品は主にペニシリン系抗生物質やアモキシシリンなどの薬が用いられます。
★グラム陽性菌を中心に、大腸菌やインフルエンザ菌(※)などグラム陰性菌の一部にも有効とされ、胃炎や胃潰瘍の原因となるピロリ菌の除菌効果が期待されています。
商品別名(日本名):サワシリン錠(アステラス)、パセトシン錠(協和発酵キリン)
※パートナーと一緒に服用するのが効果的です。
【使用方法】
梅毒の治療:通常、1回1カプセルを1日3〜4回服用してください。

1箱 21錠

2箱 42錠

3箱 63錠

5箱 105錠

1,184円 1,586円 2,022円 2771円
1箱 1,184円 1箱 793円 1箱 674円 1箱 554円

 

性病の種類と症状|治療薬通販

性感染症治療薬のアモキシシリンA 

性感染症治療薬のアモキシシリンAは効果成分アモキシシリン(Amoxicillin) を250mg含有しています。
梅毒治療のためのペニシリン系抗生物質やアモキシシリンなどの薬は、性病科に出向かなくても販売代行や個人輸入サイトで購入することができます。

 

日本では薬事法の関係で市販されていない薬なので、ドラッグストアやアマゾンなどの通販ショップでは買えません。
しかしペニシリン系抗生物質もアモキシシリンも、海外医薬品の個人輸入を利用すれば非常に安く確実に購入することが出来ます。

 

これらの抗生物質や薬は、日本では市販できないだけで海外では普通に使われている薬です。個人輸入だからといって、禁止されているものではありません。
忙しくてなかなかクリニックに行けない、梅毒だと知られたくない、そんな時に当サイトの海外医薬品の個人輸入代行通販であればインターネットから購入することができます。

 

アモキシシリンAの効果

アモキシシリンはペニシリン系の代表的な抗生物質です。
グラム陽性菌を中心に、大腸菌やインフルエンザ菌(※)などグラム陰性菌の一部にも有効とされ、胃炎や胃潰瘍の原因となるピロリ菌の除菌効果が期待されています。
扁桃炎や咽頭炎、気管支炎、中耳炎など比較的軽い感染症に用いることが多く、また、いろいろな細菌に有効なので、呼吸器や耳鼻科領域を中心に各科で広く使われている医薬品です。
本来、インフルエンザを含め一般的なウイルス性の“かぜ”には無効と言われていますが、細菌の細胞壁の合成を抑えることで、殺菌的に作用し、細菌による二次感染時やその予防のために用いられることがあります。

 

多種な感染症にも効果がある

梅毒以外にも呼吸器感染症、皮膚感染症、耳鼻科感染症、尿路感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられます。

梅毒治療に最も効果的な薬は?

梅毒は性行為から感染する梅毒トレポネーマという病原体による性病です。
母子から感染し先天的に発症する事もある病気で、しっかりとした治療が必要です。感染してしまった場合に最も効果的な薬はどの様なものでしょうか?

 

一般的にはペニシリン系薬剤を筋肉注射する治療が行われますが、他にはどの様な薬があるのでしょうか?

 

今回はアモキシシリンとドキシサイクリンの経口ペニシリン剤を比較します。メリット、デメリットを理解して医師の診断に従いしっかりと治療しましょう。

 

アモキシシリンは病原体の細胞壁の新陳代謝を防ぐ事で効果を発揮します。
副作用としては吐き気や倦怠感です。

 

ドキシサイクリンは病原体の蛋白質を作り出すことを防ぐ事で効果を発揮します。
副作用としては経口摂取する際に喉へ付着し炎症を起こす事があります。
この事から、病原体への効果自体異なります。
必ず医師の診察を受けしっかりと相談しましょう。

 

 

注意事項

 

  • 以前にペニシリン系の薬でショック症状をおこしたことのある人は、この薬は使用できません。
  • 以前に抗生物質で過敏症状をおこしたことのある人、両親やきょうだいにアレルギーのある人は、あらかじめその旨を医師に報告してください。
  • 肝臓・腎臓(じんぞう)・胃腸・血液に障害のある人、内服の不良な人または非経口栄養の人、全身状態の悪い人、フェニルケトン尿症の人、妊婦あるいは現在妊娠する可能性のある人は、病状を悪化させたり、胎児に悪影響を及ぼすこともあるので、あらかじめその旨を医師に報告してください。
  • 高齢者は副作用が出やすいので、使用に関して細かく注意されます。医師の指示通り、正しく服用してください。

梅毒の薬の種類、選び方

梅毒は昔から危険で有名な性病です。その薬の種類もいろいろあります。
そして梅毒に効果のある医薬薬の選び方、価格、特徴についてそれぞれ解説していきます。

 

梅毒に効果のある医薬品は大きく分けて3種類

 

ペニシリン

 

このペニシリンの発見により、梅毒患者は飛躍的に減少したと言われています。価格は約700円です。

 

アモキシシリン

 

海外ではペニシリンGの筋中単回投与が一般的ですが、国内ではそちらの使用は認められていないため、経口でアモキシシリンを服用することが推奨されています。価格は250mgで約1300円です。

 

ドキシサイクリン

 

ペニシリンに対してアレルギーがある場合はドキシサイクリンを使用します。こちらは妊婦にも使用しますが、胎児、新生児への使用は慎重にすべきです。価格は100mg30錠入りで約2000円です。

 

 

 

梅毒の薬で人気の梅毒治療薬

梅毒は早期に発見して治療を開始しないと完治までの時間が長くなる性病で、病院で昔から使われてきた治療薬はペニシリンです。
注射や経口で投与するタイプが広く用いられています。ペニシリンは過敏症の人がいるので、治療前にはアレルギー反応を確かめてから使用される場合が多いです。

 

口コミで人気なのはアモキシシリンで、細菌の増殖を抑える抗生物質です。感染症による疾患を抑えることが可能で、梅毒以外の感染症治療にも用いられています。

 

同様に細菌に対抗できる抗生物質で、おすすめなのはドキシサイクリンで、いずれも免疫系の働きのサポートになります。

 

アモキシシリンもドキシサイクリンも強い殺菌作用がありますが、指示された期間服用を続けないと完治を目指せないので注意が必要です。