.

ユナシン 梅毒・淋病

ユナシン 梅毒・淋病

梅毒治療薬のユナシンを通販通販で購入できます。ユナシンの効能、効果、使用方法等を解説しています。

 

 

※お支払いは銀行振り込みやVISA、JCB、アメックスのカードが使えます。

ユナシン(Unasyn)375mg

 

 

ユナシン

 

Sultamicillin(スルタミシリン) 375mg

 

梅毒・淋病

 

1箱 100錠

 

 

★ユナシン(Unasyn)は、スルタミシリンを有効成分とするペニシリン系の代表的な抗生物質です。
★梅毒治療のための医薬品は主にペニシリン系抗生物質やスルタミシリンなどの薬が用いられます。
★主にグラム陽性菌、大腸菌、インフルエンザ菌などに効果があり、一部グラム陰性菌にも適している薬です。
商品別名(日本名):ユナシン錠(ファイザー)
※パートナーと一緒に服用するのが効果的です。
【使用方法】
梅毒の治療:スルタミシリンとして、通常成人1回375mg(1錠)(力価)を1日2〜3回経口投与してください。

100錠 9,952円

 

 

性病の種類と症状|治療薬通販

性感染症治療薬のユナシン

性感染症治療薬のユナシンは効果成分Sultamicillin(スルタミシリン) を375mg含有しています。
梅毒治療のためのペニシリン系抗生物質やスルタミシリンなどの薬は、性病科に出向かなくても販売代行や個人輸入サイトで購入することができます。

 

日本では性病科で一般的に使われている薬ですが、ドラッグストアやアマゾンなどの通販ショップでは市販されていない薬なので買えません。
しかしペニシリン系抗生物質もスルタミシリンも、海外医薬品の個人輸入を利用すれば非常に安く確実に購入することが出来ます。

 

海外では町のドラッグストアなどでは普通に売られている薬です。海外医薬品の個人輸入は法律で認められていますので問題はありません。
忙しくてなかなかクリニックに行けない、梅毒だと知られたくない、そんな時に当サイトの海外医薬品の個人輸入代行通販であればインターネットから購入することができます。

 

ユナシンの効果

スルタミシリンはペニシリン系の代表的な抗生物質です。
ユナシンの成分であるスルタミシリンは、広域ペニシリンであるアンピシリン(ABPC)と、βラクタマーゼ阻害剤であるスルバクタム(SBT)をエステル結合させた抗生物質です。アンピシリンやスルバクタムを単独投与するより、スルタミシリンとして投与する方が腸からの吸収が効率的であることも判明しています。
スルタミシリンを摂取すると体内でそれぞれの成分に分かれ、アンピシリンが細菌の細胞壁の合成を抑えることで殺菌的に作用し、万が一細菌がβラクタマーゼという抗生物質分解酵素を生成しアンピシリンに対する耐性があったとしても、スルタミシリンがその細菌の生成する酵素を阻害することでアンピシリンが分解・無効化されることを防ぐことができ、アンピシリンの強い抗菌力を発揮することができます。

 

ユナシンは成分の働きにより、アンピシリンの抗菌作用を発揮することができ、呼吸器・耳鼻科領域を中心に広く使用されている薬です。

 

多種な感染症にも効果がある

<適応菌種>

 

淋菌、スルバクタム/アンピシリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、大腸菌、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌

 

<適応症>

 

淋菌感染症、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、子宮内感染、涙嚢炎、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、中耳炎、副鼻腔炎

 

梅毒以外にも呼吸器感染症、皮膚感染症、耳鼻科感染症、尿路感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられます。

梅毒治療に最も効果的な薬は?

梅毒は性行為から感染する梅毒トレポネーマという病原体による性病です。
他には、母子感染(子供は先天梅毒となる。)や血液感染もあると言われていましたが、実際にはその数はとても少ないようなので、ほとんどの感染経路は「性行為」によるものです。

 

感染したところ(性器、口腔、肛門、手指など)の皮膚や粘膜にシコリ(硬結)ができます。男性の場合は、亀頭や包茎とその周辺部位に痛みのないシコリ(硬結)ができます。

 

女性の場合は、大小陰唇とその周辺部位にシコリ(硬結)ができます。また、太モモの付け根の部分が腫れるのですが、これらの症状は、放置しておくと2〜3週間で消えます。

 

>>梅毒の症状の詳細については別ページの『梅毒の症状(詳細)』をご覧ください<<

 

治療方法としては、男性は泌尿器科・性病科、皮膚科、女性の場合は産婦人科、皮膚科、性病科で受診できます。特に皮疹がある場合は、皮膚科が良いみたいですね。ペニシリン系の抗生物質の投与で治癒します。

 

しっかりとした治療が必要です。感染してしまった場合に最も効果的な薬はどの様なものでしょうか?

 

一般的にはペニシリン系薬剤を筋肉注射する治療が行われますが、他にはどの様な薬があるのでしょうか?

 

今回はユナシン(スルタミシリン)の経口ペニシリン剤の効果と副作用について説明します。メリット、デメリットを理解して医師の診断に従いしっかりと治療しましょう。

 

効果

 

スルタミシリンを摂取すると体内でそれぞれの成分に分かれ、アンピシリンが細菌の細胞壁の合成を抑えることで殺菌的に作用し、万が一細菌がβラクタマーゼという抗生物質分解酵素を生成しアンピシリンに対する耐性があったとしても、スルタミシリンがその細菌の生成する酵素を阻害することでアンピシリンが分解・無効化されることを防ぐことができ、アンピシリンの強い抗菌力を発揮することができます。

 

※効果には個人差が出てきます。
必ず医師の診察を受けしっかりと相談しましょう。

 

副作用

 

発疹(小さな赤いブツブツなど)、じん麻疹(プックリと赤く腫れる)、軟便、下痢、腹痛、吐き気
わりと多いのは下痢で、抗菌作用により腸内細菌のバランスが乱れるために生じます。軟便くらいであれば、たいてい心配ありませんが、ひどい下痢が続く、血便がある場合は速やかに医師の診察をお受けください。
また、発疹や発熱など異常を感じた場合も同様に、医師の診察をお受けください。

 

 

注意事項

 

  • 本剤の成分によるショックの既往歴のある方、伝染性単核症の方は、使用しないでください。
  • 本剤の成分又はペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある方は、原則投与しないでください。特に必要とする場合は、本剤を使用する前に、医師に相談してください。
  • セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴がある、本人又は両親や兄弟に気管支喘息・発疹・蕁麻疹等のアレルギー反応を起こしやすい体質を有する、高度の腎障害がある、経口摂取の不良な方又は非経口栄養の方、全身状態の悪い方、高齢者などに該当する方は、慎重投与となりますので、本剤を使用する前に、医師に相談してください。
  • ショックがあらわれるおそれがあるため、本剤の使用をする前に、医師の診察をお受けください。
  • 薬剤を服用中の方、治療中の方は、本剤使用前に必ず医師にご相談ください。
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方は、本剤服用前に必ず医師にご相談ください。
  • 子供の手の届かないところに保管してください。
  • 直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。

梅毒の薬で良く使われる梅毒治療薬

梅毒は早期に発見して治療を開始しないと完治までの時間が長くなる性病で、病院で昔から使われてきた治療薬はペニシリンです。
注射や経口で投与するタイプが広く用いられています。ペニシリンは過敏症の人がいるので、治療前にはアレルギー反応を確かめてから使用される場合が多いです。

 

実際医療現場でよく使われるのはスルタミシリンとアモキシシリンで、抗菌力の高い抗生物質です。感染症による疾患を抑えることが可能で、梅毒以外の感染症治療にも用いられています。

 

スルタミシリンもアモキシシリンも強い殺菌作用がありますが、指示された期間服用を続けないと完治を目指せないので注意が必要です。