.

梅毒の治療薬

梅毒の症状

梅毒は性行為から感染する梅毒トレポネーマという病原体による性病です。
母子から感染し先天的に発症する事もある病気で、しっかりとした治療が必要です。

 

梅毒の症状については感染後3週間以上3年までを本サイトのトップページに記載しましたが再度下記に司祭します。

 

梅毒

3ヶ月以降

第1期 1〜13週間(平均3〜4週間)

感染直後は特に症状はない
感染後3ヶ月ほどで感染箇所に硬いしこり
しこりは2〜3週間で消える

第2期 微熱

倦怠感
皮膚・粘膜の発疹
頭髪に虫食い状の脱毛

第3期 3年目まで

顔面・筋肉にしこり

第4期 3年目以降

認知症 → 脳の障害
起立障害 → 脊髄の障害
歩行障害 → 脊髄の障害

原因 トレポネーマ・パリダム菌という細菌に感染することが原因です。皮膚や粘膜から進入したトレポネーマ・パリダム菌が、全身に広がって症状が出ます。主に性行為によって感染します。
治療法 ペニシリンの薬物療法が有効です。現在は、第3期や第4期まで進行する事例はあまりありません。梅毒とエイズは同時に感染することが多いので、いっしょに検査して早期発見することが重要です。
詳細 詳しい具体的な症状はこちら

 

詳細についてはやはり別ページの梅毒の症状(詳細)ページをご覧ください。

 

 

梅毒の治療薬

※お支払いは銀行振り込みやVISA、JCB、アメックスなどの各種カードが使えます。

アモキシシリン(Amoxicillin)250mg
  • アモキシシリンA 
  •  

  • アモキシシリン(Amoxicillin) 250mg
  •  

  • 梅毒
  •  

  • 1箱 21錠

 

★アモキシシリンはペニシリン系の代表的な抗生物質です。
★梅毒治療のための医薬品は主にペニシリン系抗生物質やアモキシシリンなどの薬が用いられます。
★グラム陽性菌を中心に、大腸菌やインフルエンザ菌(※)などグラム陰性菌の一部にも有効とされ、胃炎や胃潰瘍の原因となるピロリ菌の除菌効果が期待されています。
商品別名(日本名):サワシリン錠(アステラス)、パセトシン錠(協和発酵キリン)
※パートナーと一緒に服用するのが効果的です。
【使用方法】
梅毒の治療:通常、1回1カプセルを1日3〜4回服用してください。

1箱 21錠

2箱 42錠

3箱 63錠

5箱 105錠

1,184円 1,586円 2,022円 2771円
1箱 1,184円 1箱 793円 1箱 674円 1箱 554円

詳細・解説

アモキシシリンAの詳細解説ページはこちらです。

 

性病の種類と症状|治療薬通販

 

ユナシン(Unasyn)375mg

 

 

ユナシン

 

Sultamicillin(スルタミシリン) 375mg

 

梅毒・淋病

 

1箱 100錠

 

 

★ユナシン(Unasyn)は、スルタミシリンを有効成分とするペニシリン系の代表的な抗生物質です。
★梅毒治療のための医薬品は主にペニシリン系抗生物質やスルタミシリンなどの薬が用いられます。
★主にグラム陽性菌、大腸菌、インフルエンザ菌などに効果があり、一部グラム陰性菌にも適している薬です。
商品別名(日本名):ユナシン錠(ファイザー)
※パートナーと一緒に服用するのが効果的です。
【使用方法】
梅毒の治療:スルタミシリンとして、通常成人1回375mg(1錠)(力価)を1日2〜3回経口投与してください。

100錠 9,952円

 

 

性病の種類と症状|治療薬通販

 

ユナシンジェネリック375mg(Sultamat)

 

 

スルタマット(Sultamat)

 

Sultamicillin(スルタミシリン) 375mg

 

ユナシンジェネリック(Sultamat)

 

梅毒・淋病

 

1箱 10錠

 

 

★ユナシン(Unasyn)は、スルタミシリンを有効成分とするペニシリン系の代表的な抗生物質です。
★梅毒治療のための医薬品は主にペニシリン系抗生物質やスルタミシリンなどの薬が用いられます。
★主にグラム陽性菌、大腸菌、インフルエンザ菌などに効果があり、一部グラム陰性菌にも適している薬です。
ジェネリックなので非常にお得!
※パートナーと一緒に服用するのが効果的です。
【使用方法】
梅毒の治療:スルタミシリンとして、通常成人1回375mg(1錠)(力価)を1日2〜3回経口投与してください。

1箱 10錠

2箱 20錠

4箱 40錠

9箱 90錠

1,095円 1,519円 2,360円 4,391円
1箱 1,095円 1箱 760円 1箱 590円 1箱 488円

 

性病の種類と症状|治療薬通販

梅毒の薬の種類、選び方

梅毒は昔から危険で有名な性病です。その薬の種類もいろいろあります。
そして梅毒に効果のある医薬薬の選び方、価格、特徴についてそれぞれ解説していきます。

 

梅毒に効果のある医薬品は大きく分けて3種類

 

ペニシリン

 

このペニシリンの発見により、梅毒患者は飛躍的に減少したと言われています。価格は約700円です。

 

アモキシシリン

 

海外ではペニシリンGの筋中単回投与が一般的ですが、国内ではそちらの使用は認められていないため、経口でアモキシシリンを服用することが推奨されています。価格は250mgで約1300円です。

 

ドキシサイクリン

 

ペニシリンに対してアレルギーがある場合はドキシサイクリンを使用します。こちらは妊婦にも使用しますが、胎児、新生児への使用は慎重にすべきです。価格は100mg30錠入りで約2000円です。

 

梅毒の薬で人気の梅毒治療薬

梅毒は早期に発見して治療を開始しないと完治までの時間が長くなる性病で、病院で昔から使われてきた治療薬はペニシリンです。
注射や経口で投与するタイプが広く用いられています。ペニシリンは過敏症の人がいるので、治療前にはアレルギー反応を確かめてから使用される場合が多いです。

 

口コミで人気なのはアモキシシリンで、細菌の増殖を抑える抗生物質です。感染症による疾患を抑えることが可能で、梅毒以外の感染症治療にも用いられています。

 

同様に細菌に対抗できる抗生物質で、おすすめなのはドキシサイクリンで、いずれも免疫系の働きのサポートになります。

 

アモキシシリンもドキシサイクリンも強い殺菌作用がありますが、指示された期間服用を続けないと完治を目指せないので注意が必要です。

 

 

>>梅毒の検査薬キットページ